【二川 修】しかくゆのみ

【二川 修】しかくゆのみ
【二川 修】しかくゆのみ
【二川 修】しかくゆのみ

底は丸く、口は丸みを帯びた四角形の湯呑みです。下から上に変わる形は手の形になじみ、寒い季節に両手を温めながらお使いいただけます。お色は茶色のみになります。

 

※手仕事でのお作りため、ひとつ一つ大きさや口の開きに多少の違いがございます。

※電子レンジ、食器洗い機の中は高温になり破損の原因になりますので、ご注意ください。

※オンラインショップでは、形・釉薬の具合などのご指定をお受けできかねます、あらかじめご了承くださいませ。 

 

器という暮らしの道具

和洋中どんなお料理にも合わせやすい、二川修さんの器。
シンプルな形状に、少し懐かしさや温かさを感じる質感の器は、料理やお菓子などを載せ、生活のシーンに取り込まれた時に深く感じられる美しさがあります。

 

二川修さんの器たち

 

大阪の陶芸家/二川修

大阪は堺市に生まれ育ち、現在も同街に工房を構え、陶芸家として活動を続ける二川修さん。

元大工・建築家のお父様、手先が器用なお母様の影響で、幼い頃からものづくりに近い環境で育った二川さんは、大学以降陶芸に出会いその道へ進まれました。
地元のクラフトフェア立ち上げに参加の際、「暮らしの道具」を大切に選び、使い、そして作る人たちと出会ったことをきっかけに、現在のように器のみ制作をされるようになりました。

生活者の目線に立って作られる器は、形状や大きさ、色味など、暮らしにすっと溶け込む包容力と使い勝手の良さがあります。

 

 

WELL life style #02 二川修さん
 

 ・作家としてのこれまで
 

 ・住まいと暮らし
 

 ・今とこれから
 

商品仕様

  • サイズ:

    口の広さ 約7×7cm

    底の径  約8cm

    高さ   約6cm

     

    ※手仕事でのお作りため、ひとつ一つ大きさや口の開きに多少の違いがございます。

  • 価格:

    ¥2,420(税込)