アームのありなしの好み

アームのありなしの好み

椅子を選ぶとき、座り心地はもちろん、リラックスできるかどうかもポイントになってきます。
作業をしたり食事をしたりとダイニングで過ごすことがほとんどになると、長時間座りながらも、集中する、リラックスするというような、その時の姿勢や気持ちを柔軟に変えられるアームチェアが個人的に好みです。アームがあるといいこと、気になることをご紹介いたします。


身体を休め、支えるアームの役割

TOPO CHAIR
TOPO CHAIR(アームチェア)


肘掛けは、腕を支えている肩の負担を減らすための休憩場所です。
人間工学では、両腕の重さは体重の16%程といわれています。たとえば、50kgの人だと片腕はおよそ4kg、70kgの人だと5kgあることになります。意外と重さがありますね。

作業をしているときは手をテーブルに置き、肩の負担が減りますが、同じ体勢が続くと筋肉の疲労・強張りで姿勢を悪くしてしまうこともあります。テーブルの他にも手元に置けるアームがあることで、身体を休めることができます。
背もたれに寄りかかり、リラックスしたいときや、お手紙を書くのに肘をつくときなど、座っていて少し体勢を変えたいときも、肘掛けが支えになってくれます。

日常多い立ったり座ったりする立ち上がり動作も、スムーズにしてくれます。
支えがない状態で立ち上がろうとするとき、股関節を曲げて前屈みになり、脚で踏ん張りながら体重をお尻から脚へ一気に移動しています。アームがあると、それを支えに腕も使うことができます。極端に掛かる体重を分散させ、負荷が減り、立ち上がり動作を助けてくれます。


物理的に気がかりなこと

ただ、アームがあることで椅子自体の幅が大きくなります。
椅子を出し入れするときには、椅子の奥行き以上の距離が必要になり、テーブル周辺のスペースを広くしなければなりません。
また、パーツが増えるため、重たくなる傾向もあります。お掃除や来客で持ち運ぶことが頻繁にあると、動かすのに手間を感じるかもしれません。


動きやすいシンプルなサイドチェア

TOPO Side CHAIR
TOPO CHAIR(サイドチェア)


肘掛けのあるアームチェアをおすすめしてきましたが、アームがなタイプは空間をスッキリ魅せてくれます。
椅子の幅は座面と同じくらいなので、隣同士の椅子に間隔が空きます。サイドにパーツがなく、身体を横に向けてキッチンと行き来したり、お手洗いに行くときに動きやすい椅子と言えます。



好みによって変わる椅子の選び方。のんびりと過ごすか、動くことが多いか。それぞれの暮らし方によって、肘掛けのないタイプ、あるいはアームが短いタイプなど、豊富なデザインの椅子があります。
実際の生活に落とし込んだときに見えてくる、ご自身の暮らしの風景を振り返りながら、楽しくお選びくださいませ。

Yuka.N