樹種の選び方 ウォールナット

樹種の選び方 ウォールナット

以前の記事「テーブルの天板に使われる木材」でもさらりと触れていますが、ウォールナットという樹種について、詳しくご紹介します。

 

ウォールナットとは

世界三大銘木(他はチークとマホガニー)の一つで、古くから人々に愛されてきた良材です。 

・ブラックウォールナット(別名:ウォールナット、アメリカンウォルナット)
・ヨーロピアンウォールナット(別名:イングリッシュウォールナット)
などの、クルミ科の温帯産広葉樹材(散孔材)のことを指します。
 
WELLで扱うウォールナットは、アメリカやカナダなど北米を産地とするブラックウォールナットです。廃材率が高く希少であるため高価な、ヨーロピアンウォールナットの代替材と考えられていたこともありましたが、現在では人気も高く様々な用途に使用されています。
 
 

 

 

写真

CAPRA CHAIR full arm(樹種:ウォールナット 張地:バトン 

ダークブラウン)

  

特性

個体差はありますが、微かに紫色の色調を帯びた焦げ茶色といえます。
暗褐色の地に薄色の筋が入る濃い色味は、シックで上品な印象を受けます。

経年変化によって、少し青みが抜け、温かみの感じられる色合いへと移ります。この変化は、濃い色味が薄くなっていくとも表現できます。

  

模様

木理は素直で、ほぼ真っ直ぐなものが多く、時折波状など不規則なものが見受けられます。

心材は特に紫色っぽい縞が見られ、肌目もやや粗いけれども均一で、趣ある模様です。また、素直な木で柔らかいため、美しい仕上がりとなります(木目について:『木製家具の木目による個性の違い』)

 

チェリーと同じく散孔材であるウォールナット。環孔材のオークと比べると、さらりとした触感で、木目や木理の印象はさりげない印象です(環孔材と散孔材について:『無垢材のダイニングテーブル』)。

    

硬度や強度

広葉樹の中では、柔らかい特徴があります。深い色味で、物質的な重さもあるため重厚な印象も受けますが、柔らかい温かみを感じる事ができます。

木材に粘りがあり、衝撃に強く、耐久性も高いといえる樹種です。

   

用途

オールマイティーな材として、化粧単板も含め、家具だけではなく、時計や小物類にも用いられます。

また彫刻や、根っこの硬い部分を銃床に使うなど、特殊な用途にも使用されます。

  

 

色や模様の美しさだけでなく、素直で柔らかいために切る、削る、彫るなどの加工性も高い樹種で、美しい仕上がりが期待できます。廃材率も低い持続可能な資源で、作り手からの評価も高い素材です。

 

 

参考文献
『The Wood Handbook 木材活用ハンドブック』ニックギブス, ガイアブックス
『【原色】木材加工面がわかる樹種辞典』河村寿昌/西川栄明, 誠文堂新光社