店舗で触りながら選びたい 内祝いに贈る今治タオルギフト

店舗で触りながら選びたい 内祝いに贈る今治タオルギフト

結婚や出産のお祝いをいただいたお礼に、感謝の気持ちを込めてお返しをする内祝い。
いただいた贈り物の半額程度の金額で、1ヶ月以内を目安に送るという日本独自の文化だそうです。

お返しに何を送ろうか悩んでしまう内祝いですが、お菓子や日用品などの消耗品がおすすめと聞くことが多く、毎日使うタオルを贈り物にされる方も多いと思います。

 

さまざまなショップの店舗に並ぶタオルは、オンラインで購入することもできますが、贈り物は相手に喜んでもらえると嬉しいもの。だからこそ、店舗に行き、触り心地を確かめながら、お選びいただくことをおすすめいたします。

 

肌触りが異なる素材と織り

タオルに使われている素材・風合いを感じる織り方は、触り心地に違いを生み出します。タオルの大きさによっても選び方が変わってきます。

 

素材

・綿(コットン)

タオルの代表的な素材です。吸水性が高く、ふわふわとした肌触りが特徴です。
衣類にも使われ、汗や水分をしっかり吸い取ってくれる慣れ親しんだ素材です。
産地や綿糸の品質によって、感触が異なる面白さもあります。

 

・麻(リネン)

寝具や衣類をはじめ、さまざまな製品に使用されています。
綿に比べて、ざらざらとしたハリのあるシャリ感があります。
吸水性が高く、乾燥が早い。洗濯などの水にも強く、丈夫な耐久性があります。
 

・マイクロファイバー

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維で織られています。
吸水性・速乾性に優れ、とても軽いのが特徴です。

 

 

織り方

・パイル

タオル生地によく見られる織り方です。
糸がループ状になり、タオルにボリュームを持たせることでふわっとした肌触りが特徴。
吸水性や保湿性に優れた、使いやすい定番の織りです。

 

・シャーリング(カットパイル)

パイル生地のループの先端をカットしたものです。
ループがない織りは、引っ掛かりにくく、痛みにくい利点があります。
毛足を均一にカットした「シャーリング」は、比較的毛足が短く、光沢のある色合い・滑らかな肌触りが特徴です。
毛足が不均一なものを「シャギー」といい、比較的毛足が長く、ふわふわとした肌触りが特徴です。

 

・ワッフル

お菓子のワッフルに似た凸凹な生地。
デコボコしているため、肌に触れる面積が少なくいです。
サラっとした気持ちいい肌触り・吸水性と乾きやすさもある織りです。
毛足が長いタオルより毛羽が少なく、糸がほつれにくいのが特徴です。
立体感があるのに、薄すぎず厚すぎない程よいバランスがあります。

 

・ガーゼ

軽くて薄い・通気性がいいガーゼは、柔らかい肌触りが特徴です。
皮膚への刺激が少なく、赤ちゃんや敏感肌の方におすすめです。

 

サイズ

・バスタオル

お風呂上がりやシャワーの後に水分を拭き取るタオルとして、使用されています。
大きさは、幅60~70cm、長さ120~140cmが一般とされています。

 

・フェイスタオル

 洗顔後に顔や手を拭くタオルです。
欧米では「ハンドタオル」と言われています。
大きさは、幅33~38cm、長さ70~85cmが目安とされています。

 

・タオルハンカチ

ハンカチとして使うタオル。
大きさは、約20~30cmの正方形が目安とされています。

 

 

まとめ 

それぞれに特徴がある素材や織りは、相手の好みによって選び方が変わります。
使う人のことを想いながら、ひとつずつ触って確かめると贈られた人もより嬉しく感じると思います。

 

WELLは、何気ない日常も大切にし、上質なものを大切に長く使うことが豊かな暮らしにつながると考え、希少な綿花の「ウエストシーアイランドコットン(カリブ海産海島綿)」の販売を始めました。

高品質なコットンを100%使ったタオルは、しっとりと滑らかで心地よい肌触りです。
新宿にあるショールームでは、お手に取って確かめながらご覧いただけます。