沖田奈央

沖田奈央

季節の景色を器に表現するガラス作家 沖田奈央さん。型を使い、窯でガラスを溶かすキルンワークという方法で形を成形し、ひとつひとつ手で確認しながら機械で削り、形を整え、幻想的な美しさと温かみのある作品に仕上げます。

 

ひとり一人に浮かぶ、いつかの景色を日々の暮らしの中で感じていただける沖田さんの作品は、ご自宅に絵画を飾るように置いたり、食卓の器としてお使いいただけます。