【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)

【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)

カキモリの真鍮製ペン先。

滑らかな書き心地は、丹念な研磨があってこそ。
スタンダードな規格が採用されているため、カキモリのペン軸(nib holder)にはもちろん、多くのペン軸にも対応可能。

傾ける角度によって、細い線や太い線の強弱が出せるので、文字だけでなく、絵を描いたりするのも楽しそうです。

※Metal nib(ペン先)単体でのご用意となります。

 

その人の「らしさ」が滲むつけペン

インク瓶にそっとペン先を入れ、インクを含ませ、書くつけペン。その体験には、背筋が伸びるような時間が流れます。
また、含んだインクの量、時間、ペン先の角度、筆圧などで、変わってくる味わい。手が止まったときにはシミや滲み、力の入り具合で線の強弱など、書いた線にその人自身や、思いが自然と現れます。画一的な線にはない、その人らしさがみえるつけペンは、誰かを思って手紙を書く時はもちろん、自分と向き合い日記を書くなどにも最適です。

 

つけペンで書く様子

 

「たのしく、書く人。」の Kakimori(カキモリ)

Kakimori(カキモリ)は東京・蔵前に本拠を持ち、様々なジャンルのクリエイターや文房具好きの人々に愛される、文房具メーカーです。

書くという体験にこだわって作られたこだわりある製品は、monocleなどの海外メディアにも取り上げられ、日本国内だけでなく、海外にも多くのファンを抱えています。

店舗では、用紙や筆記具をたくさん試せたり、使い手の好みに調整できるオーダーインクやオーダーノートも人気のサービス。「たのしく、書く人。」をコンセプトに、たのしく書く・たのしく表現する体験を何より大事にするからこその、文房具へのこだわりが詰まっています。その使い心地や感覚は、カキモリの文房具ならではです。

商品仕様

  • サイズ:

    H30 × Ø6mm

  • 価格:

    ¥3,850(税込)

使用上のご注意

  • 45度傾けて持ち、筆記してください。
  • Metal nibをペン軸から取り外す際は、回しながらゆっくり引き抜いてください。勢い良く引き抜くと差込口のパーツが外れる恐れがあります。
  • 精密に作られているため、強い衝撃を与えるとインクが出づらくなる可能性があります。
  • 溝部分に溜まったインクが乾ききると落ちづらくなりますので、こまめに水で洗いながらご使用ください。
  • 固まってしまったインクが落ちづらい場合は、やわらかい歯ブラシなどでやさしくこすって水洗いしてください。
  • 洗剤をご使用になる場合、中性洗剤をお使いください。アルカリ性洗剤は表面に悪影響を与えるため使用しないでください。
  • 時間とともに色合い等が変化します。