【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)

【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)
【Kakimori】Metal nib_真鍮(カキモリ・つけペン先)

使い勝手とデザイン性が両立
今までにない真鍮のペン先

Kakimori(カキモリ)の真鍮製ペン先。
手間を惜しまない細やかなものづくりで使い勝手とデザイン性が両立した、今までにないペン先です。

 

ガラスペンのように一度インクをつければ数行書くことができるインク保持性を持ちながら、洗って繰り返し使える耐久性、丈夫さや扱いやすさを兼ね備える金属製。
硬めの書き味であるステンレス製と比較すると、真鍮製は柔らかく滑らかなタッチが特徴的です。

 

真鍮のペン先

 

「たのしく、書く人。」の Kakimori(カキモリ)

Kakimori(カキモリ)は東京・蔵前に本拠を持ち、様々なジャンルのクリエイターや文房具好きの人々に愛される、文房具ブランドです。


書くという体験にこだわって作られた製品は、monocleなどの海外メディアにも取り上げられ、日本国内だけでなく、海外にも多くのファンを抱えています。

 

カキモリ店舗

 

 

 

書く人と共に、永く時間を積み重ねられる道具として

永く使い続けられて、いつか素敵な古道具として受け継がれていくようにと考えられたプロダクト。 そのために、機能性や耐久性はもちろん、愛着の湧く温かみのある素材や形状にこだわっています。

つけペンで書く様子

 

細い線も、太い線も、どちらも楽しめる形状

どこか懐かしさを感じるような独特なフォルムは、ペンを立てれば細い線、寝かせれば太い線も書ける優れたデザイン。
文字を書くにはもちろん、絵を描いたり、塗ったりするのも楽しめます。

真鍮のペン先で書いたもの

 

他ブランドとの互換性を持たせた設計

世界的に採用されている規格が採用されており、他ブランドのペン軸と組み合わせて使うことも可能。用途に応じて、お気に入りのペン軸に付け替えるなど、気軽に楽しめるつけペンの楽しさが感じられる仕様です。

さまざまなペン軸に付け替えが可能

 

金属製とは思えない滑らかな書き心地

手間暇かけて細部にこだわる加工

ペン先とペン軸の接合部分は0.01mmに拘って調整され、インクを保持するための溝のカットもドリルを使い分けて浅深をコントロールしています。丸みを帯びたペン先は、丁寧に研磨されることで、金属製とは思えない滑らかな書き味です。

 

カキモリと同じく蔵前に拠点を置く「ALLOY」の山崎勇人さんにより、機械でつくる工業製品でありながらも深い温かみを持ち合わせたデザインです。

真鍮(上)とステンレス(下)のペン先

 

文房具好きにも、書くことから遠ざかっている人にも

ガラスペンにもない、Gペンにもない特別な書き心地。扱いやすく、初めてのつけペンでもストレスなく豊かな筆記体験ができます。
オリジナルのインクやペン軸、ペンレスト等と併せて、文房具好きの人だけでなく、「書く」ことから遠ざかっている多くの人に、一度使ってもらいたいアイテムです。

つけペンのある風景

商品仕様

  • サイズ:

    H30 × Ø6mm

  • 価格:

    ¥4,950(税込)

※Nib(つけペン先)単体でのご用意となります。

 

使用上のご注意

  • 45度傾けて持ち、筆記してください。
  • Metal nibをペン軸から取り外す際は、回しながらゆっくり引き抜いてください。勢い良く引き抜くと差込口のパーツが外れる恐れがあります。
  • 精密に作られているため、強い衝撃を与えるとインクが出づらくなる可能性があります。
  • 溝部分に溜まったインクが乾ききると落ちづらくなりますので、こまめに水で洗いながらご使用ください。
  • 固まってしまったインクが落ちづらい場合は、やわらかい歯ブラシなどでやさしくこすって水洗いしてください。
  • 洗剤をご使用になる場合、中性洗剤をお使いください。アルカリ性洗剤は表面に悪影響を与えるため使用しないでください。
  • 時間とともに色合い等が変化します。