ONE KILNの器の販売を開始しました

ONE KILNの器の販売を開始しました

WELLでは、生活雑貨類の販売を開始しました。

ダイニングテーブルを豊かに彩る食器としてご紹介するのは、ONE KILN(ワンキルン)の器。陶芸家 城戸雄介さんの陶磁器ブランドONE KILNは、「食卓に太陽を」をコンセプトに鹿児島の土を使い、火山灰の釉薬で独特な風味のあるプレートやカップを作られています。

  

 

 

現在WELLにてご紹介しているCULTIVATEシリーズは、薩摩半島の南西に位置する坊津で採取された豊かな土、熊本県の天草陶石をブレンドした温かな素材を用いたシリーズです。シンプルな形状に落とし込まれ、素材の持つ温もりや表情がまっすぐに伝わります。

また、焼成方法(酸化焼成(OF)と還元焼成(RF))を使い分けており、同じ土・釉薬を使用していても、違いが現れます。比べていただくと、色味や斑点模様、縁部分の形状など、異なる焼成方法による特徴をお楽しみいただけます。

 

ONE KILN 城戸さんのコラム

ONE KILN CERAMCSの城戸さんとの出会い
自然なことで辿り着いた今の暮らし。これまでの歩み。
分解して見えてくる、おしゃれと社会貢献のサイクル
新しい試みから生まれた ひとつの窯から笑顔につなげるブランド

 

 

CULTIVATE _ Mug Low 

CULTIVATEシリーズの取手のついたマグカップ。こちらのシリーズのマグは、WELLのみでのお取り扱いとなります。

生活に自然に溶け込む小ぶりなSサイズと、たっぷりと注げてカジュアルに使いやすいMサイズのご用意です。

Clay×OF white、Clay×OF Clearは、内側のみ釉薬をかけて酸化焼成(OF)されているため、艶のある内側と、土の優しいさらさらとした外側、どちらの質感も楽しむことができます。

 

Mug Low S

 

Mug Low M

 

   

  

CULTIVATE _ Bounotsu Clay Plate 

CULTIVATEシリーズのプレート。ちょっとしたおかずの取り分けやケーキ皿として広く活躍するSサイズ、サラダや前菜、大きめのおかずの取り皿に便利な程よい大きさと高さのMサイズ、メインディッシュやサラダ、副菜の盛り付けに便利な大皿のLサイズからお選びいただけます。

SサイズとLサイズでご用意しております還元焼成(RF)によるプレートは、酸素が足りない状況で焼かれたもの。酸化焼成(OF)のものと比較すると、味わい深い色味の違いに加え、黒点が浮かぶ模様の違いがあります。

どれも表面には釉薬がかけられ、つるりとしており、裏面は坊津の土の温かさが見た目にも触り心地にも感じられます。

どんな料理にも相性の良いONE KILNのCULTIVATEシリーズ。
長く使い込むことで、経年貫入が入ることもあり、愛着を持って長くお使いいただける器です。

 

Clay Plate S

 

  

Clay Plate M

 

Clay Plate L

  

 

鹿児島の工房にて、大切に作られた器。

ご自宅で過ごす時間のお供や、大切な方へのプレゼントに是非ご覧ください。