一人当たりのスペースと椅子から決める、ダイニングテーブルの幅

一人当たりのスペースと椅子から決める、ダイニングテーブルの幅

お引っ越し、新築の購入など、家具の選ぶときに悩ましいサイズ。
欲を言えば、大きくしたいけれど、部屋が狭くなることも不安です。家族構成、友人が遊びに来る頻度、日常での過ごし方など、未来のこと、自分たちにあった暮らしを考え、より長く使えるダイニングテーブルのサイズを探していきましょう。

ミモザダイニングテーブルでpcを操作する男性

 

決めるときに考えたいポイント

 

一人当たりの必要なスペース

まず、食事に必要なスペースは、一人当たり幅60cm×奥行き40cmと人間工学で言われています。使用される人数とその寸法を参考に、だいたいのサイズが算出できます。ここで気をつけたいのが、あくまでも天板の大きさになることです。テーブル脚の位置によって、内側の寸法が変わりますので、ご確認されるといいと思います。

 

椅子の幅

テレビを見たり、お話をしてくつろがれるなら、アーム付きの椅子をお探しでしょうか?アームを含めた椅子の幅によっても、必要なテーブルサイズが変わります。先ほどのテーブル脚の位置のように、椅子をテーブルにしまえるか確認し、生活の導線を遮らないようにしましょう。

座る位置によっても

横並び、または対面かによっても印象が変わります。たとえば、恰幅のある方が、向かい合って座ると圧迫感が生まれるかもしれません。また、お仕事をリモートでされ、作業中にものを広げたときも同じことが言えます。
パーソナルスペースは一人ひとり異なりますので、お互いが心地よい感覚を掴んでいけるといいですね。

必要な引き出しの数

余談になりますが、MIMOSA DINING TABLEは幅によって引出しの数が変わります。参考までに120cm〜140cm:4杯(片側2つ)、150cm〜180cm:6杯(片側3つ)になります。

 

人数とダイニングテーブルの幅

 

1人または2人の場合

 

ミモザダイニングテーブルに椅子一脚とお皿とマグカップが乗っている写真

 

一人暮らしの場合、テーブルをデスクとしても使われることが多いと思います。規格で一番小さい幅80cmと幅85cmのスクエアサイズは、幅と奥行きが十分にあり、お仕事も捗るかもしれません。ご友人が遊びにきても、向かい合ってお食事できるサイズです。

 

2人の場合

 

ミモザダイニングテーブルにマグカップとお皿が乗っている写真

 

先ほど触れたように、お二人ともリモートワークをされていましたら、幅80・85cmのスクエアテーブルでは、作業で窮屈に感じるかもしれません。幅120cm~130cmですと、座られる場所を対角または横並びにすることで、ゆとりが生まれます。


4人の場合

 

1400mmのダイニングテーブルに4人掛けた時の写真

 

幅120cmは一番コンパクトなサイズです。テーブルの内側のサイズを考えると、椅子はアームのないTOPO CHAIR(サイドチェア)を4脚収めることができます。

幅140cmは新宿ショールームにあるダイニングテーブルのサイズです。
写真の奥にあるTOPO CHAIR(アームチェア)の幅は60cm。手前のCAPRA CHAIRは幅53.5cmあり、それぞれ2脚並べてもスッキリと座ることができます。

 

蛇足しますが、調べていると「4人掛けのサイズは135cm」というのをよく見かけました。あくまで個人的な仮説で考え違いでしたら恐縮ですが、おそらく2人分の食事スペース:幅120cmに、パーソナルスペースの親密距離:15cmを足した数字かと思います。

 

5人〜6人の場合

 

ミモザダイニングテーブルに乗ったお皿とマグカップ(6人の場合)

 

幅160cmあると、奥行きの80cm〜85cmを活かして5人座ることもできます。しかし、相手との距離が近くに感じたり、食事の奥行きが狭くなることがあるので、ご注意ください。

横に3人並び向かい合って座るには、幅180cm以上が必要になります。もし、このサイズのテーブルと椅子6脚が並んだ光景にインパクトを強く感じられるようでしたら、背もたれの小さい椅子やスポーク(縦に伸びている細い棒状の部材)の背もたれにすると印象が少し軽くなります。

 

 

 

樹種の色味や椅子の組み合わせ方で雰囲気が変わるダイニング。考えることが意外と多いかもしれませんが、たくさんご覧になり、一つひとつクリアした家具は自然と長く使いたいと思うようになります。生活の中で愛着が増える、素敵な家具に出会えますように。

 

Yuka.N

 

《 関連コラム 》