【ONE KILN】Cultivate / Flat Plate_RF Clear(ワンキルン)

平らな底面からまっすぐに立ち上がるエッジが、すっきりと美しいフラットプレート。

クリアの釉薬を施した表面は鉄分が反応した斑点模様、外側はさらりとした土の質感がダイレクトに楽しめます。
素材を活かしたナチュラルなカラーや質感は、様々な空間や食卓、お料理に馴染みます。

 

トースト皿として使ったり、大きめの取り皿としても使い勝手の良いMサイズ。数人分のおかずを盛り付ける大皿として、またワンプレート用の器としてもおすすめのLサイズからお選びいただけます。

 

テーブルの上を彩るワンキルンの器

 

食卓の笑顔に寄り添う鹿児島の器ブランド

ONE KILN(ワンキルン)は「THE SUN TO A TABLE〜食卓に太陽を〜」という、食事を共に過ごす家族や仲間との一時、人々の笑顔に寄り添うことをコンセプトに器類の制作している鹿児島の陶磁器ブランドです。
代表兼陶芸家である城戸雄介さんは、2008年に鹿児島の地元で独立。「ひとつの窯」という意味のブランド名には、自分の窯を持った時の「何を焼いても、何を試しても自由に形にできる」喜びが込められています。

 

テーブルの上を彩るワンキルンの器たち

 

 

人が集まる意味が込められたロゴ

「ひとつの窯があれば、どんな人とも繋がれる。どんなアイデアでも実現できる。そして、火があるところに人が集まり、その一番大きな場所が太陽の下なんだ」と考える城戸さん。

 

ロゴには窯から出る「炎」と太陽の「光」の2つの意味が込められています。
ひとつの小さな火から始まって、だんだん太陽の光のように広がったらいいなという願いと、テーブルを通して、人々の笑顔に寄り添うブランドになりたいという希望の意味も含まれ、人の笑顔もその場を照らす光なのだと言います。

 

ONE KILN ロゴ

 

自分らしさを現す2つのシリーズ

型を使い生み出されるシンプルな器には、城戸さんの地元、鹿児島の土やシンボルを取り入れているのが特徴で、知るとその面白さに惹かれていきます。

 

鹿児島の土をブレンドした素朴で温かみのある「CULTIVATE(カルチベイト)」シリーズ、桜島の火山灰を釉薬に入れた鉄のような質感の『ash(アッシュ)』シリーズを展開し、釉薬・焼き方の違いにより、それぞれ異なる表情があります。

カルチベートシリーズ

 

アッシュシリーズの器

 

土、そのものの温もりを感じるシリーズ

薩摩半島の南西に位置する坊津で採取された豊かな土、熊本県の天草陶石を用いて仕上げられたONE KILN(ワンキルン)の「CULTIVATE(カルチベイト)」シリーズ。 シンプルな形状に落とし込まれ、素材の持つ温もりや表情がまっすぐに伝わる陶磁器です。器の裏面には、土を掘った場所の経度緯度、ブレンドした土の割合が刻印されています。 また、同じ土・釉薬を使用していても、焼成方法(酸化焼成(OF)と還元焼成(RF))によって、色味や斑点模様、縁部分の形状などに違いが現れています。

 (『陶器と磁器の違いとその工程、2種類の焼成方法』)

 

坊津の土

  

 

ONE KILN(ワンキルン)に関する記事はこちら

商品仕様

  • 価格

    ¥6,600(税込)〜
  • サイズ

    M:

    直径 21cm

    高さ 1.5cm

     

    L:

    直径 27cm

    高さ 2cm

 

  • ・全て手作業で制作されており、一つ一つの寸法、形状、色味や表情に個体差があります。
  • ・使用後は早めに洗い、十分に乾燥させてから収納してください。乾燥が不十分な場合、カビやにおいの原因となる可能性がございます。
  • ・食洗機をご使用の場合は、破損を避けるために隣の器に触れないようセットしてください。
  • ・電子レンジをご使用の場合は、水分が残ったままで温めると素地が膨張し、徐々に傷める原因となります。よく乾燥した状態でお使いください。
  • オーブンには不向きな素材となります。ご使用にならないでください。
  • ・店舗と在庫を共有しており、欠品の場合がございます。